眼鏡もコンタクトもいらないレーシックガイド

眼鏡もコンタクトもいらないレーシックガイド

当サイト【眼鏡もコンタクトもいらないレーシックガイド】のお役立ちレーシック情報はこれからレーシックをご利用される人必見です。
まずは当サイトサイドメニューをご熟読してみてください。メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。

 

近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。
誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。



- お勧めサイト情報 -

メルマガ 比較の最新情報
URL:http://mailhaishin-hikaku.com/point/
メルマガ 比較おすすめ



眼鏡もコンタクトもいらないレーシックガイドブログ:14年08月15日
名古屋からお子様を連れ、
上野動物園に行った時のこと…

帰り道、名古屋に向かう新幹線の中で、
疲れきったあたくしたち家族はバラバラに席に着き、
グッタリ座っていた。

その日はちょうどゴールデンウイーク真っ只中。
新幹線自由席も混んでいた。

新横浜に到着するとさらに車内は混み合い、
何人かの立ち客で車内はいっぱいになった。

ひかりなので次の名古屋までは2時間近くある。
立っている人には辛い時間だ。

そんな中、立っている乗客に、
一人のおばあちゃんがいることを発見した。
年齢は70〜80歳くらい。

気にはなっていたがあたくしの席からは遠く、
すぐに声がかけられない位置。

近くの人が誰か替わってあげたらいいのに…
と他人ごとのように思いつつ、
そのままあたくしも座っていた。

するとあたくしの嫁が大きな声で、
「おばあさん、この席よかったらどうぞ」
と言って、遠くから声をかけた。
おばあさんは嫁にお礼を言い、席についた。

やがて名古屋に到着。
あたくしたち家族はそこで降りたわけだが、
そこであたくしは嫁に聞いた。

「あんな離れた場所からよく声をかけて、席を替わってあげられたね。
あたくしも気づいていたけど、少し恥ずかしかったのと、
近くのだれかが替わってあげればいいのにと思うだけで、
なにもできなかったよ。恥ずかしくなかった?」

それを聞いた嫁は
「あなたはあのおばあちゃんが、
自分のおかあさんだったらどうしていた?
近くじゃなかったから声もかけず、席も替わらなかった?」

そして、
「きっとどこかで、
あなたの父やお母さんも
同じように誰かに助けられているのよ」
と言った。

あたくしは目からウロコが落ちたと同時に、
自分のふがいなさに情けなくなった。


眼鏡もコンタクトもいらないレーシックガイド モバイルはこちら